ホーム山行記録⇒2003年2002年2001年2000年以前源流釣][温泉山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

花の山行

可憐な高山植物を愛でながらの山行もまた良いもんだ。大群落の目立ちがりやの花、岩陰に人知れず咲く花、どちらも素敵な花である。特に花が良かった記録をまとめています。
イワギキョウ ウルップソウ コバイケソウ ナンブイヌナズナ ハクサンイチゲ ハクサンコザクラ
ヒメサユリ 水芭蕉 ダッチハーバの丘の花 ルパイン チョウノスケソウ? ミヤマシオガマ
ミヤマアズマギク キバナシャクナゲ クロユリ アラスカンポピー コマクサ
ハヤチネウスユキソウ イワウメ ミヤマオダマキ キタダケソウ シラネアオイ ハクサンフウロ
シナノキンバイ チングルマ群生 キヌガサソウ レンゲツツジ アヤメ イブキジャコウソウ
湯の丸山、池の平 山としては超気軽な山行。6月下旬にはレンゲツツジとコマクサが満開 レンゲツツジ、コマクサ
久住 平治山、大船山 九州の某氏(先輩)より入電したもの。やっぱ一度は行きたい。 もちろんミヤマキリシマ
早地峰山 夜行で一人で出かけた。あいにくの雨だったがハヤチネウスユキソウが群生して咲いていた。 ハヤチネウスユキソウ、ミヤマオダマキ、ナンブイヌナズナ、ウサギギク、ミヤマアヅマソウ、ミヤマシオガマ
尾瀬ヶ原 何度か通っているが花の季節は一度だけ。鳩待峠〜山の鼻〜尾瀬ヶ原〜尾瀬沼〜清水峠 水芭蕉、リュウキンカ、ショウジョウバカマ、座禅草、ミヤマムラサキツツジ
月山 ミヤマウスユキ草を訪ねて。山頂神社周辺に多いが、コ゜ミも目立ちガッカリ。8合目〜山頂往復 ミヤマウスユキソウ、ハクサンフウロ
鳥海山 御浜周辺の花畑が圧巻。七高山周辺のイワギキョウも良い。ブルーライン5合目〜御浜〜山頂の往復。 チングルマ、ニッコウキスゲ、チョウカイアザミ、イワギキョウ、
谷川岳 雨、曇りの中を何度も通った山。良く見ると花の種類は多そう。土合〜谷川岳〜一の倉岳〜茂倉岳〜土樽 ホソバナウスユキソウ、タカネバラ、ハクサンフウロ、ハクサンコザクラ
火打岳 天狗の庭は赤、黄色、白と色とりどりの花が清楚に咲いている。高谷池のハクサンコザクラの群落も美しい。笹ヶ峰〜火打岳の往復 ハクサンゴザクラ、
白馬岳 何と言っても白馬のお花畑は素晴らしい。白馬鑓のカールのお花畑もgood。白馬大雪渓〜白馬山頂の往復 ウサギギク、シナノキンバイ、オニグルマ、トリカブト、コマクサ
穂高岳(涸沢) シナノキンバイの群落越しの涸沢の鋭峰が見渡せる。穂高の山も良いがお花畑も良いなぁと思う所。 タカネスミレ、シナノキンバイ、ハクサンイチゲ
雲の平 北アのど真ん中。どちらを見ても高い山が見渡せる。チングルマがそこらかしらに咲いている所である。 チングルマ、ゴバイケソウ、トウヤクリンドウ
硫黄岳(八ヶ岳) 八ヶ岳はキバナシャンナゲである。風に吹かれて地面を這うように咲いている。 キバナシャクナゲ、オヤマノエンドウ、ミヤマオダマキ、イワウメ
北岳 この山にしか無い北岳草は6月の梅雨にしか咲かない。梅雨の晴れ間をついて出かけた。 キタダケソウ、オマヤノエンドウ、イワウメ
鳳凰三山 9月、特産種のホウオウシャザーンが岩の割間に咲いていた。なかなか見つからない花である。 ホウオウシャザーン
大山 鋭い稜線を縦走しするとダイセンオダマキが一株咲いていた。またトラノオで埋まる谷は感動した。 トラノオ、ダイセンオダマキ
アラスカ デナリ国立公園、アリューションのウナラスカ島の花々が特に素晴らしかった。道路脇にも見知らぬ美しい花々が咲いていた。 アラスカンバイオレット、アラスカンポピー、ルパイン、チョウノスケソウ、見知らぬ花々
飯豊連峰何と言っても特産種のヒメサユリを見なくてはならない。少し早めの7月早々がピークだろうか。ヒメサユリ、シラネアオイ、
戸隠連峰 西岳 谷川岳と同様に絶壁に冷えた湿った風が吹き付けている成果、高山植物が多い。 ニッコウキスゲ、ミヤマアズマギク、タカネバラ、イブキジャコウソウ、ミヤママンネングサ、ハクサンシャクナゲ、ミヤマハンショウヅル、