ホーム]に戻る

放山〜笹倉温泉1190m


■記録日:2010年2月14日 ■2時間と少し位 ■場所:信越国境
■メンバー:石橋、清原、山森、塚田 ■装備:板:ATOMIC TM22(170cm),靴:スカルパT4  

何度来ても天気の良い放山は最高に良いところです。今回も高層に弱冠の薄い雲があるもののまぁ快晴でしょう。
前日、次女に連れられてオーボエのリードを買いに地元の楽器屋さんに行っていると携帯電話が、山森さんからだ。で、本日は小日向山に行ってきたとの事、予定によると明日は焼岳と言うことですが天気もいまいちなので予定を変更して放山を計画、一緒に行きませんか、なので二つ返事で行きます。で、翌朝5時前に自宅発、7時00分に笹倉温泉集合、少し私は遅刻しましたが無事着。

◆シャルマン火打リフト上8:50〜放山10:00/25〜笹倉温泉11:15ぐらいかな
シャルマン火打のリフトを降りればもう大展望

ここの素晴らしさは歩かなくてもの大展望にあると思います。個人的には火打山から焼山や海谷の山々ほ北面から見る景色が大好きです。やはり真っ白さと焼山北面台地の強烈なインパクトでしょうか、いややっぱり焼山の素晴らしい姿が良いのかな。いずれにしてもここは最高だと思います。と、言うことで展望を楽しんだら放山に向かいます。まだシールは付けません。弱冠の下りですからそのまま行けば良いのです。
美しい樹氷の中を進む

前日の物と思えるトレースが1本。本日は私達が先行パーティです。昨日のトレースは主稜尾根の右手窪地を通ったりしているものですから折角の展望が開けません。トレースを無視して左よりの主稜尾根沿いに登ります。終始左手側が開けていて後ろは大毛無山、左手は不動山や容賀山、前方は妙高から火打、で焼山と贅沢な展望を楽しみつつ登ります。樹氷も超キレイです。
放山山頂 焼山の展望が素晴らしい

樹氷の美しい尾根をひと登りするとそこは放山山頂台地の一角にでます。山頂は少し先ですからそこまで行きましょう。焼山に向かう姿がなんだか格好よい感じですよね。1時間程度でこんな素晴らしい山頂に来れるなんて、マジ良い所です。しかし焼山はいいなぁ。
左手側は巨大な雪屁ですから注意します。さて、山頂で軽くランチタイムです。ここは能登のカニ市場から蟹を持ってきて宴会しても盛り上がります。で、ひとしずく楽しんだら滑降に行きましょう。笹倉温泉には少し進んだむ場所から右手の斜面を1079Pに滑り込んで行けば良いです。
パウダーだ、最高っす

主稜尾根から滑り込んで、パウダーゲット。1079P尾根はしばらく平坦な場所を進むと第二ステージ。地図の池に低地の左寄りに滑り込んで832P右手より開けた斜面に入り込みます。ここもパウダー。左手の尾根際に沢沿いに振り子状態で滑ります。なかなか斜度もあり面白い地形でもあり滑り応えがありました。で、ポンと林道に着地です。もうここからは笹倉温泉が段々田圃の向こうに見えていました。
最後は笹倉温泉へ雪原と化した田圃に滑り込む

さてと、この田圃を滑れば終了ですね。超短時間で超大展望の得られる放山〜笹倉温泉ルートはこれでおしまいです。
さて、この地域はやはり素晴らしいです。今シーズンはあと何度かここに来る予定です。空沢山とか高松山なんかが当面の目標となりそう。