2004年2月10日にこのコースは行っているが、ここは大展望コースなので何度来ても良いところである。僅かな登りで豪快な景色と滑りができるしツア終了点では温泉もあるし、とっても良い条件が揃っている。山頂で大宴会して滑って降りると言うのが宜しいかもしれない。次回やってみよう。さて今回も前日多少天気が気になったが当日は晴れ、素晴らしい展望が広がった。
◆シャルマン火打スキー場リフト終点8:41〜放山山頂9:40/10:05〜笹倉温泉11:15
鋒ヶ岳を横手に見ながら登る

スキー場のパトロールに計画書を提出してからリフトに乗る。500円。終点から少し進むと焼山北面の大展望が見渡せる。リフト終点でしかも標高1000m足らずでこんな大展望のあるスキー場は他に無いと思う。実に良い所である。
さて、ツアコースには昨日のトレースがあり有り難い。尾根の右手に山頂まで付いていた。
放山山頂への最後の登り(後は大毛無山)

山頂手前でトレースを外して尾根沿いに登る。なんと言っても展望が良いので右手の斜面についているトレースを進んでも展望が得られないのである。尾根沿いを登ると左手側の谷筋にうねうねとした白い斜面が一気に見渡せこれまた素晴らしい展望なのである。後にはアライスキー場のある大毛無山の反対側が見渡せなかなかである。
真っ白な焼山に向かい放山頂横断する(右手は高松山)

で、放山山頂です。リフト終点から1時間とかかっていません。楽勝な山です。4人組さんが先行して山頂にいます。彼らはどこを滑るの広い放山山頂を横断して行きました。ちょうど向こうには高松山の真っ白け斜面も広がっていてかなり日本離れの景色。
我々もシールを取って出発です。先ずは同じように放山を南に横断して西尾根の始まる端まで行きます。
焼山北面の景色見ていよいよ滑降へ

西尾根の始まる1200m地点まで来ました。ここからは西尾根に入るので焼山北面の大展望とはお別れなのです。しばし景色を堪能してからいよいよ滑りです。地図上のP1079を目指して滑ります。二つ明瞭な尾根が西に走っていますが南よりの尾根です。
極上のパウダー滑走を満喫

ところどころ平坦な部分もありますが快適なパウダーランなのです。実に気持ちの良い滑りになってしまいました。標高が低いのにこれだけの積雪と雪質で大満足です。
コースは722ピークと832ピークの間の゜斜面です。うまく笹倉温泉上部の林道にでれば良いのです。焼山温泉が見えているのでそれを目印にして笹倉温泉方面へと左左に下っていくと笹倉温泉がもうそこに見えるぐらいに近づいてきます。
海谷の山々に向かい滑ります!!

笹倉温泉の見える尾根が最後のお楽しみ滑降です。阿弥陀や烏帽子の海谷の鋭峰を見ながらの滑りです。
この尾根を下り最後は右手の沢に入るともうそこが林道でした。林道にはトレースもあったのでこれを利用して笹倉温泉までノンストップ。
笹倉温泉は積雪3m位でしょうか。春の陽気でした。

ホーム]に戻る
放山〜笹倉温泉1190m テレマークスキーツアー 


歩行:2時間34分    メンバー:太田、塚田
場所:信越国境     記録日:2006年2月19日