3週間ぶりに天気が良さそうである。雪もある程度は積もってくれただろう。と、前日早起きしようと寝たのであるが仕事の疲れか?、起きたのは7時。外は晴れている模様、、、いそいで準備をして朝食も摂らずに一目散に栂池へ。美麻のトンネルを抜けて白馬に入ると山脈が純白で美しい。が、白馬の町には雪は無い。スキー場も下部は全く無い。まだ上部だけが白くなってるのです。7/11で朝食と行動食を仕入れて栂池ゴンドラ駐車場へ。それなりにスキーヤーで一杯である。さて、準備をしてゴンドラ乗り場へ。ゴンドラは往復2500円なり。
◆栂池ゴンドラ終点9:30〜白馬乗鞍岳12:20/45〜栂池自然園ダイレクトコース滑降〜栂池自然園13:20/50〜栂池ゴンドラ終点14:21
記念写真3つ
 左上:白馬乗鞍山頂にて
 右上:ダイレクトコースにて
 下:栂池自然園にて

ゴンドラを降りるとソコソコ雪はある。スキー場は上部だけ営業している。冬山初めとあってビーコン等のトレーニングをしている方もちらほら。さて、シールをつけて登りましょう。と行ってもいきなり沢筋は藪で無理なので林道を行きます。早稲田の小屋で林道をショートカット。いつもの通りだ。成城の小屋も久しぶりの姿を拝見。ここからはいつもの尾根だが、少々雪が足らない、が何とかなる。天狗原下の斜面も藪はまぁまぁ隠れているので問題は無い感じ、・・・あくまでも少なめですが。、、、。天狗原はまだ祠周辺が雪で埋まっていないので祠が一段と高く感じられる。さて、ここからは先行していた富山のお二人を追い越したので私がトレースを付けなくてはならない。250m程度の登りです。がんばります。天狗原からの白馬乗鞍東面の斜面は、多少パックされた雪ではあるがまぁ良い雪。場所さえうまく選べば重めパウダーで楽しみそうです。
栂池自然園ダイレクトコース上部のシュプール

さて、一汗かいて山頂台地へ。風が結構吹いていて寒いです。天気は何故か雲が流れるようになって北アの山並みが隠れがちです。青空も無くなってきてます。ガスに巻かれる前に滑り降りましょう。目指すのは東面を登っているときに気になった南よりの斜面。様子を伺うとなかなかの斜面です。・・・行ってしまいましょう、と言うことで飛び込むと何と快適なパウダーラン。雄たけび上げて一気に滑り込みました。(左上から真下に滑り降りているのが私のもの。右は私の後に滑り降りた富山のお二人のもの) で、パウダーもここまでで樹林帯に入ると雪は重く、藪スキーで疲れました。
自然園でランチ、富山の方も滑り降りて来ました。(いろいろ頂いて有難うございました。) 後は自然園から林道でスキー場へ、終了。パウダーを当てて良かった。

ホーム]に戻る
白馬乗鞍岳2445m栂池自然園ダイレクトコース テレマークスキーツアー 


歩行:4時間51分  メンバー:単独
場所:北ア      記録日:2006年12月16日