ホーム]に戻る

白馬岳2933m テレマークスキーツアー 


■記録日:2013年6月8日 ■場所:北ア ■メンバー:太田(雅)、太田(伊)、佐藤、塚田
■8時間19分 ■装備:板:K2 CLASSIC(170cm),靴:スカルパT4

梅雨の晴れ間を狙っての板納め山行です。今回は4名。太田(雅)さんは初めての白馬岳です。大雪渓は金山沢出合(林道終点)から入ります。今年はだ雪が多そうで、ここからでも問題ありませんでした。白馬尻付近はシラネアオイが咲いているかな、なんて思ってましたが雪のしただした。別途
◆猿倉6:01〜金山沢出合で雪渓へ6:37〜頂上山荘手前の雪田末端で稜線へ11:05/40〜白馬岳12:00/20〜猿倉14:20

ツクモ草と旭岳
この時期は白馬山頂付近でツクモ草だけのお花畑になります。ウルップ草がかろうじて蕾となっていました。オヤマノエンドウだと思える花も少しだけありました。だいたい白馬付近が板納めなんですが、この時期の花はこれが定番です。
急登に見えますねぇ。

葱平下の登りです。私はここでツボに切り替えて登りました。斜面は結構固く、アイゼンがあった方が気持ちが落ち着けたかな。キックステップで蹴りこんで登ります。太田(ま)さん、頑張って登ってますです。
白馬岳山頂の記念写真

白馬山荘の下で雪は消えました。ここの地形も今年は随分と違ってました。東寄りに穴ができるのですが、今年はあんまりできていません。埋まっているのでしょうね。
さて、頂上です。雲は多めでちと展望には恵まれませんでした。

白馬山荘手前と山頂手前がツクモ草の群生地でした
ツクモグサは白馬山荘手前と頂上手前に群生してます。羽毛に覆われたカワユイ奴です。晴れていたら青空と淡い黄色、それに剣や旭なんかを背景に良い写真が撮れたと思いますが、今日は生憎です。

小雪渓の滑り

では帰ります。山荘下から出発です。ここは緩斜面で雪面も落ち着いていますので、楽しく滑れます。小雪渓より雪面は乱れがちで、縦溝もありありでちとガタガタと板を震わせての滑降となりました。とは言え、この時期はこんなもんです。
ローソク岩

意外と速いのは太田(ま)そんの下り。ツボの下りですが、速い速い。ガンガンと下って行くもんですからスキー組が追いつけません。葱平ではグリ(シリ)セードが止まらんかったらしいですが、素晴らしい下りっぷりです。
雪渓下部の汚れ雪地帯を滑る

追いつけない二人の雪渓下部のテレマーク競演です。ここまで来ると雪はパッチイです。さて、この後は沢で板を洗い、林道をテクテクして猿倉へ。八方の湯で汗を流して、太田(ま)さんを白馬駅に送り、残留組3名はイオンへ。さらに本日の宿泊地の松川リゾートランドに移動して宴会し就寝。