ホーム]に戻る

軍刀利沢  東京・檜原(帰路は瀬音ノ湯800円)  


■記録日:2010年10月2日 ■行動時間:まぁ半日ぐらい ■場所:東京・檜原
■メンバー:金田夫妻、塚田 ■装備:沢登りセットと運動靴  

10/2は一旦は予定していた奥多摩の沢が取りやめになったのですが、金田夫妻に計画してもらい、檜原の軍刀利沢を遡行しました。まぁサクっと行けて、一説によると檜原の沢はショボイと言うことですが、その中では滝も多くて面白い沢の様かな、なんて感想です。
長野を毎日の通勤時間通りに出発し、武蔵五日町に8:50前には着いていました。ここで金田号にピックアップしてもらって軍刀利沢目指します。
最初の滝場

矢沢林道を行きます。秋川街道から直ぐ入った場所で崖崩れ、なんとか車で越えて先の林道に入ると、花粉対策で杉を伐採しています。やむなく手前で車を停めて、歩いて軍刀利出合にまで。
ここから遡行開始です。水は冷たく無いです。すぐゴルになり、滝場となります、全部登れます。なかなか楽しい沢?みたいな感じがしてきました。
ここも滝に沿って登ります

15mの滝は右から巻きました。全体的に巻いたのは2ヶ所か3ヶ所だったと思います。二俣では左に行き、その先で水流の右手に入り滝場を越えると枯れ草状態になります。そのまま登ったら三国山山頂の西寄り10mに出ました。二俣を右手に行けばおそらく三国峠にでるんでしょうね。
ここも巻いた滝、上からロープが垂れています

三国山山頂にはシッカリと休憩できるテーブルなんかもあります。が、ここでスズメバチがブンブン寄ってくるので早々に準備をして下山です。私は過去に一度スズメバチに刺されているので、2回目はヤバイので逃げます。
下山路は矢沢林道に降りる作業道です。途中までまぁなんとか良い道ですが、下部は荒れてました。
で。下山完了です。帰路、瀬音ノ湯(800円)で汗を流して武蔵五日町駅より電車で帰りました。