二度目の五地蔵山です。前回は北尾根より2005年2月12日に来ている。その前回の時に眺めた南東に入り込む斜面・谷が素晴らしかった記憶があり、その時から課題となっていた所なのです。この斜面・谷は戸隠牧場に入り込み、長さは大したことは無いのですが、上部は意外と急だった、記憶。事実地図でもソコソコ急みたい。まぁ何とかなるか、といつもの感じで出かけます。ラジオでは雪崩注意報を流していました。確かにアイスバーンの上に降雪があったはずです。まぁいつもの通り注意は必要でしょう。
◆戸隠大橋8:20〜1160m付近で渡渉〜1533P尾根とその南尾根の間の谷〜1400m付近で南尾根へ〜1596P 9:45〜五地蔵山10:58/11:20〜南東斜面・谷の滑降(途中写真撮影3回)〜戸隠牧場12:07/12:35〜戸隠大橋12:52
●五地蔵山頂直下(山頂は向こうのピーク)からの東斜面 (左下は戸隠牧場、その上が飯綱山)
戸隠大橋に着くと既に車が10台程度。今年は雪が少なく駐車スペースが大きいです。用意して出発です、先ずは林道を行き、すぐ先の小屋のある所から沢に降ります。当然渡渉となりました。少し探して失敗しそうも無い場所で岩伝いに、成功です。対岸から1596Pより派生する一番北寄り(1533P尾根の南尾根)を目指して進みますが、尾根より北側の谷筋の方が登りやすそうななので谷を進みます。が結構起伏もあったりして途中から南尾根に取り付くことに変更です。這いあがった尾根はソコソコ広く登り易い。しかし徐々に細尾根・藪も出てきて辛い登りになりましたが、無事1596P到達です。空は晴れなのか曇りなのか良く分からない感じです。今日は午後の方が天気が良いらしいのでダンダン晴れ間が広がるでしょう、とノンキに登ります。ここまでの雪のコンディションから10cm弱程度下に弱層があることを認識。さて1596Pより二頑張り程度すると五地蔵山の山頂間近です。記憶の通りの良い東南斜面なのですが、藪が埋り切っていません。ちょっと小木多いんじゃない! 前回の記憶では白い斜面・谷だった様だが今年はショウガナイ。まぁ間違えなく滑れそうであり問題はありませなんが・・・。但し、ソコソコ急なので、雪崩対策しつつ滑りましょう。山頂付近まで登ると黒姫や妙高、それに火打方面が見えて眺望も良いです。
上:左が黒姫山、右が火打と焼山
下:五地蔵山頂からの高妻・乙妻山

山頂にはピークは二つ、北峰と南峰があるがどうやらより高いのは南峰の模様です。北峰を南東斜面でトラバースして雪の調子を確かめつつ南峰到着。高妻山の白い斜面が気になりますね。今日のこの時間には乙妻の斜面には人が這い付いていない様でした。南方面は戸隠さらに西岳連峰です。なかなかの岩稜なので迫力ソコソコで見えています(下の写真)。
左上:戸隠・西岳連峰を背に
左下:妙高から火打山
右:南東斜面・西(上部から100m程度滑って) 向こうは黒姫山

さてさて南峰山頂でシールを取り滑降の準備です。北峰からは南東斜面に気持ちの良い緩やかな(と言ってもソコソコ)斜面と続いて行きますが、南峰から南東斜面エントリは私には少々緊張する斜度でした。雪崩たら怖いしね。と、いろいろ考えつつエントリです。山頂から急斜面に入り、ターンすると・・・表面の雪がウサギのウンチの様にポロポロと剥がれて転げ落ちていきます。しまいに結構な流れとなって落ちていきます。下の固いバーン上の雪が落ちていくのでした。塊で流れるのでなくポロポロ流れです。てな訳で上部もそんな状態で所々で横滑りしつつ何とかターンを連続して高度を下げます。
崖下で慌てて撮影した記念写真

山頂直下の斜面を滑ると、写真で言うと、私の左うしろのルンゼに自然と導かれます。なので途中からトラバースしてその横(写真の左側)の斜面に出て崖を巻きます。上部で雪崩れるとある狭いルンゼを一気に落ちてきてちょうど私の立っている辺りが雪塊ドサっとくるのでしょう。
自分の滑って落とした雪塊がゴロゴロとしていましたが、とにかく崖下で記念写真を撮らねばと思い、速攻で撮影成功。すぐさま下に滑って行き危険地帯脱出しました。その後はちょっとした台地もあり休憩したりして谷筋を降りて行きました。
左上:中間部より見る滑降谷と飯綱山
右上:下部より振り返る谷の全容
下:戸隠牧場にて(右手山のピークが滑った)

その谷ですが、下部となると狭く、もう少し暖かくなったらデブリで埋まるのでしょう。左岸から南斜面から小規模デブリが落ちていて途中少々デブ状態です。そんな谷を左岸右岸に滑りやすい所を探して行きます。下に行くほど右岸が台地状で滑り易く、そのまま戸隠牧場に滑り込めました。
ここでランチタイム。振り返ると右手に今日滑った五地蔵山とその南東斜面・谷。左手は戸隠連峰です。
さて、ランチしたら大橋までです。大橋へは左手よりに進路をとって行きます。途中渡渉2回で大橋でした。渡渉は流れ小さく問題ありません。

ホーム]に戻る
五地蔵山1998m 南東面の谷滑降〜戸隠牧場 テレマークスキーツアー 


■記録日:2007年3月3日  ■歩行:4時間32分  ■メンバー:単独
■場所:北信五岳  ■装備:板/ATOMIC TM22(170cm) ,靴/SCARPA T4