ホーム山行記録⇒2003年2002年2001年2000年以前源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

ナルミズ沢

東芝山岳部本社支部/太田、梅村、岩切、塚田

2000年9月

記録/塚田

核心部の滝 谷川の沢は、かなり久しぶりである。と言うよりは二度目である。厳しい沢よりは釣りができる沢が好きなので丁度手頃な沢として皆でいくことになった。 
 メンバは4名。太田氏の車で出かける。小生は名古屋在住の為、出張ついでの参加である。荷物は事前に太田宅に送付して準備万全であったが、昼に食べた物がどうも腐っていたのか極めて腹の調子が悪い。それでも栄養ドリンクの強烈な物を飲んでナルミズ沢を目指す。
 夜1時頃、宝川温泉先の林道工事ゲート手前に駐車し、早速テントを設営し入渓祝いのビールで乾杯するといきなり雉が撃ちたくなり、林道脇で処置をする。以後ビールはやめて一人横になり体調の回復をはかったが、翌々日の午後まで調子が悪かった。2時過ぎに皆就寝する。
 翌朝、日差しがあるが曇りがちの天気の中を出発する。林道を1時間、登山道を1時間弱歩き、入渓する。入渓点で沢ごしらえ(結構みんな本格的な装備だが、小生はいい加減)をして水の中へザブザブと歩き出す。大きな淵があるものの腰程度の深さであり、どこも問題なく行く。まったくのんびりとしていて釣り竿を出して振りながら行く。沢登りと言うよりは、目的が完全に岩魚釣りと言う感じである。事実そうなのであるが・・・。しかし、いっこうに岩魚もかからないのであった。核心部の手前で10cm足らずのチビ岩魚を太田氏が釣り上げるが、腹にいれてもふくれないのでリリースする。
 さて、核心部は小さな滝の向こうで沢幅が1m程度に狭まり、その深そうな丸い淵を持って5m程度の滝をかけている。両岸滝の水の浸食で円形に削り取られた10m程度の崖となっている。ここは左岸より水線上をへつって入り、1mに狭まった部分で右岸に移動し、右岸で滝を高巻けば良い。これと言った問題はどこにも無い。
 ここを越えると明るい河原になり、のんびりと竿をふりながら歩いて行く。大石沢の出合で幕営の予定である。ここに12時過ぎには着いてしまう。かなり早い到着時間だが、釣りの部もあるので幕営地を探してうおさおをする。結局大石沢出合直前の左岸の高台を選んだ。1張り分は平らな地形が得られる所である。そろそろ秋なのであるがニッコウキスゲが一株だけ咲いていた。
 昼寝をした後に今宵の宴会用の肴を確保するため竿をふるのであるが、遡行中と同様に全く当たりが無い。しばらく雨が無くて水が動いていないのだろうか、それともこんな誰でも容易に入れる沢なのでそもそも岩魚は釣り上げられてしまいあまりいないのか。厭になって諦める。空も雨がポツリポツリと来る。焚き火どころでは無い降りになったので、テントの中で用意してきた肴で宴会をする。夕方、雨も小降りになったのを見計らい再度岩魚を物色するが全くダメであった。
 夕方、学生さん男女5名がやってきてテントを張った。見るからにちょっと面白そうだから行ってみようか、というノリで来た集団の様であった。我々も同様に近いが・・・。夜半、風も雨も強かった。
 翌朝は水量が30cm程度増えている。天気もすこぶる曇天であり、一気に稜線に詰め上げるガッツが無くなり(実は昨晩より無かったが)、誰とも言わずに下山することにする。大石沢を少し遡り登山道に出で下山した。案の定、下山途中まだ腹の調子は悪かった。帰路、安く温泉入浴可能なところをうおさおしたが、結構良いのを発見。今回の山行の最大の成果であった。