熱海で社員旅行の都合があり、途中の富士山をテレマークで遊びました。さすが富士山は雄大です。ガス気味で視界不良、氷化モナカとコンディションは良くなかったが初めての富士山はやはり素晴らしい、のが実感でした。
自宅を22:45に出発した。翌日は6:30に御殿場インター近くのローソン待ち合わせで、どのぐらい時間がかかるか読めず早めについてテントて就身する計画。とても暖かい日で、途中の山々の雪は融けていて道路が凍っている心配は全くなかった。トラック等に進行を妨げることなく長野〜佐久〜韮崎〜甲府〜山中湖と進め、御殿場は2:30に到着した。早速近くの建設中のレストラン駐車場にテントを張り就寝したが、風が強く花粉がすごい。くしゃみし100連発の就寝となってしまった。
水ヶ塚7:15〜御殿庭〜宝永火口2350m地点10:45/55〜第2・3火口〜沢状地形入口11:10/20〜双子山コル12:45〜太郎坊立13:18
水ヶ塚からスタートです

太田さんからの電話で起こされて起床。近くのローソンにいると言うが、見当たらない。結局ローソンは近くに何店もあり、私が間違えた様だ。無事合流し、静岡の山仲間の小岱さんの待つ太郎坊に向かった。と、到着すると小岱さんはもちろんお友達の斉藤さんもいて都合4名のパーテイが結成された。先ずは車をデポし水ヶ塚へ向かう。ここは標高1450m。除雪の終了点である。富士山も見えているゾ、今日は上々の天気と信じて歩き始めた。
御殿庭を登る

しばらくはトレースがあったが御殿庭に入ることろにはトレースが無くなり、適当に高みに進んでいく。小枝がうるさい登りで、頻繁にザックなんかに引っかかる。朝方は晴れていたのだが、曇りの様相だが、時々雲が流れて富士山と目指す宝永火口が見えたりもしていた。さてもう一息で宝永火口かな、と思うもののなかなか近づかない。さすがにでかい山である。
宝永火口手前(向こうの小ピーク手前が最高点

やっと樹林帯を越えた。右手の東寄り斜面は随分と下方より真っ白であるのだが、宝永火口の登路である南寄り斜面は火口直下まで樹林帯なのである。樹林帯を越えると強風地帯、すごい風が渦巻いていた。この調子では宝永火口はもちろん、あまり強風にさらせられたくないので、2350mの小ピーク手前で登行を中止し、ここから滑り降りることにした。それにしてもシールも飛ばされそうだし、板も飛んでいきそうな風である。
宝永第二火口へ滑る(塚田)

先ずは第二火口に向けて真っ白で超広大な斜面を滑る。ちょうど風にガスが飛ばされて富士山と火口が見えてとても素晴らしい景色となった。とにかくでかい斜面、最初は意外にも軽く雪がのっている斜面で気持ち良い滑りができた。が、すぐカリカリクラスト斜面となったもののエッジが十分に引っかかり快適に滑り降りることができた。
ここが本日のお楽しみクライマックスで結局なってしまった。
宝永第二火口へ滑る(太田)

4人交互に降りては写真の競演である。しかし、宝永火口に滑り込めなかったのは残念である。また次回にと言うことだが、富士山は長野からだと少々遠いので次回はいつになるやら。が、新幹線で大阪出張の時に眺めていた富士山の真っ白け斜面を滑れたのは満足である。さぁまだ先は長い、ガスも濃くなりつつあるので先を急ぎましょうか。
宝永第三火口へ滑る(太田さんと斎藤さん)

第三火口は樹林帯が迫っている。第三火口よりはスキーを脱ぎ、左手(東)寄りの尾根に少し登り返す。ガスでなんにも見えないがさすが静岡の小岱さんはホームグランドなのでなんの心配も無く先を行ってくれる。ここからはさらに東寄りのトラバースし、顕著な沢地形に入り込んでいった。(と言っても全く見えないので良く入り込みが解ったものだ、さすが。) 風で吹かれた小石のゴロゴロしている沢底沿いに滑り斜度が緩み、樹林帯際まで降りていった。・・・沢底はまだ良かったが樹林帯際は表面1cmぐらいの氷、したはザラメ雪の超難儀なモナカとなってしまった。とにかくここで昼食だ。板を外したとたん、仲間の一人の板が、氷の斜面を気持ちよく滑っていってしまった、が、木に当たって止まり事なきを得た。
双子山コルから箱根の山に向かって滑る

天気は全く回復傾向にないみたい。さて行くか。ここからはさらに左(東を通りこして北)寄りに高度を上げつつトラバースし双子山とのコルを目指していく。シールをつけていくことにするものの、双子山に近づくにつれて雪質は超最低なカリカリ氷化状態となっていった。ここでトラバース終了し下ろう、と準備をしていると一人が流されていってしまった。ガリガリと斜面を滑り落ちて行き、ガスの中に消えてしまった。・・・何とか止まった様でホットしました。大丈夫との声が届いた。さてさて、今日は大変なコンディションの日。双子山も全く見えないが太田さんのGPSに導かれて無事コルに到着した。コルからは先ほどと一変しガス下なのか、視界が得られ始めた。良かった。少し滑ると遠くの遠望もできる。やっと写真を撮る気になれる。箱根の山々が良く見えていた。
向こうに見える山中湖 緩やかだかモナカ雪

双子山の裾を時計まわりに回りこんでいくと左手に山中湖が見える。山中湖をめでながらの滑りだが、雪質はまったくもって難儀な重めモナカで超サイテイ状態ある。徐々にサイテイ度合いが増していく感じある。それでも気合次第でターンが連続できるもののかなり疲れる状態である。
思い思い滑っていると富士山出場

ジャンプターンだと接地でモナカをつぶしてしまい、深く埋まりカービングの間に表面の氷を突破できず、こける。そうこうしていると何と全く姿を現さなかった富士山がガスのベールを取れて少しだけ見えてきた。これぞ富士山ツアと言う感じのなのでが、どうしても富士とスキーの写真が決まらない。何枚もとってしまった。しかし富士の東斜面の雄大さは北アと桁外れで感動的でした。
皆、こけまくりです)

太郎坊は見え始めているものの、まだまだ先はあります。皆最悪の雪に苦労しながら滑りますが、こけまくりです。
太田さんがこけ、続いて小岱さんこけて、と連続写真がとれました。この雪でこけないのが変です。しかし山スキー仲間はいろんなコンディションにもチャレンジするのです。こけても楽しいのです。
太郎坊に到着、お疲れさん

ほんとうにご苦労様でした。太郎坊到着です。今回は地元の小岱さんに案内頂き随分と楽させて頂きました。結論として富士山は日本一の山ですから、滑りのでかさも日本一と言うことです。ただ、風と雨の影響で、今回の雪質は超最低の部分有りそこは残念でした。次回はザラメの5月中ごろに行きたいと思っています。
その後、水ヶ塚で散会し、熱海に向かう前に御殿場の温泉に入浴、富士山の展望が素晴らしいお風呂で、今日のコースが良く見えていました。熱海には17:30到着、コンパニオンさん含めて3次会までやってしまい、翌日は疲れて長野に戻りました。

ホーム山行記録⇒2003年2002年2001年2000年以前源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

富士山 宝永火口付近(水ヶ塚〜宝永火口〜双子山〜太郎坊)
2350m テレマークスキーツア


歩行:5時間3分    メンバー:小岱、斎藤、太田、塚田
場所:静岡       記録日:2005年3月12日