ホーム]に戻る

白馬尻の花観賞 


■記録日:2013年6月29日 ■場所:北ア ■メンバー:単独
■のんびり ■装備:何もなしだがカメラかな

稜線に上がればウルップソウが満開かも、と思って狙っていたものの先週の疲れもあり天気もいまいちなので白馬尻付近の花の散策としました。

■オオバキスミレ■
これは結局一株しかみませんでした。白馬尻から白馬沢方面に少し行った大雪渓中間部にある露岩付近に可愛ゆく咲いていました。

■サンカヨウ■
この花は多いですね。初夏の時に真っ先に咲きますよね。でかい葉っぱから茎が伸びて綺麗な白い花を複数つけて目立つやつ。

■オオサクラソウ■
最初はハクサンコザクラかと思ってまたしが、違いました。これもオオばキスミレの露岩のある草地に咲いてました。遠くからでもこのドピンクは目立ちます。

■ニリンソウ■
この花の名前がわからないので、明石の山の先輩に教えて頂きました。私の持っている山渓り高山植物ハンドブックには載ってませんでした。この花はアチコチで群生してました。ちなみに山の先輩はこの日、明石から六甲山頂の自転車往復だったらしいです。

■シラネアオイ■
言わずと知れたシラネアオイ。この花を観に来たのです。白馬尻付近には多いと言う訳でもありませんが、簡単に見る事ができます。6月末が白馬尻のシラネアオイの季節なんです。