トップページへ戻る
クーテナリ国立公園の山々。この辺りの道路よりはこのような素晴らしい景気が続く。
オソヨースの街。ちょうど湖の真ん中がアメリカとの国境。この湖で泳いでみた。綺麗な街である
シアトルのウォータフロントの町並み。入り江が随所に入り込んでいる綺麗な住宅街が広がる街である。
グレーシャー湖。車からそれとなく看板が見えたので寄ってみると氷河を頂く山々に囲まれた湖であった。 グレーシャー湖
タカカウフォール。300m程度?の落差があるらしい。この上は、氷河があるとのこと。この滝へ向かう林道でビーバが昼寝をしていた。
モレーン湖。カナダの20ドル札のデザインに使われている。生憎の天候だが、蒼く澄んでいる湖が素晴らしい。この山々はテンピークスと言って、湖の上部に続くトレックを行くとセンチネル峠に着き、そこからの眺めも酢晴らしい。 モレーン湖
センチネルパス そのセンチネル峠のトレック。メドウが広がっており地リスがあちらこちらに首を出して様子をうかがっている。峠は約2500m。ロッキーの一部に来たと言う感じ。
リーチ湖より名も知らない山々。適当に林道を走っていたら出くわしたのがリーチ湖。どこに行っても損はさせない景色が飛び出してくるから良い。 リーチ湖
ワタスゲの グレーシャーハイウェイがバンフとジャスパーの間で一箇所だけ180°の大きなコーナがあるが、そこにワタスゲの群落があった。変哲も無く咲いていたが、考えようによっては美しい風景である。
あの有名なレイク・ルイーズ。さすがここはホテルも湖岸に立派なのが立っていて観光客がすごく多い。湖はエメラルドグリーンで対岸の氷河が削る土砂でそのような色をしている。レイク・アグネスとかのトレールも多い。
レンタカーで、アメリカとカナダの国境付近は行ったり来たりしました。目的地はとりあえず無しの天気任せの旅ですが、まぁロッキー山脈に行ってみたい言う漠然とした計画です。途中あちらこちらの街やら山やらに立ち寄って観光もしてきました。カルガリーではちょうど訪加中のエリザベス女王にニアミスもしました。バンフとジャスパーの間のGlacierHighwayは景色が素晴らしいので何度も往復をしてしまいました。いろいろありましたが自然のでかさが日本とはやっぱり違うなぁ、と思いもしました。
シアトル→アナコルテス→メリット→レベレストーク→バンフ→周辺の山々散策→カルガリー→バンフ→ジャスパー→周辺の山々散策→キンバリー→オソヨース→プリンストン→バンクーバ→シアトル