ホーム]に戻る

新潟県の某沢 結構入渓がきつかった!  


■記録日:2011年9月8日(木) ■行動時間:ざっと6時間程度 ■場所:信越地方
■メンバー:単独 ■装備:沢道具といつものセット

ゆったりと流れる某沢

ここは、研究をして情報を集めて数年前から行きたいと思っていた沢です。やっと行ってきました。テントを持って一晩沢泊するにも適した感じです。

某所からかすかな小径を行きますが、すぐ草薮に覆われ右に左にウオサオします。やっと獣道らしきものを発見して進みますが、これも直に藪の中に消えてしまいました。そうこうしていると比較的最近に廃道された気配の林道が交差しました。これは予想外です。まぁ気にせずそのまま高みを目指して適当に登ります。だんだんドロドロの急斜面となり、手ががりは僅かな草だけ、騙しだましで乗り越えてやっと山頂付近に到達しました。意外に時間がかかりました。この後は、某沢目指して山を漕いで行きます。まぁなんとかなります。で、降り立ったのが滝場の出口付近でした。ここから遡行です。なかなかユッタリと流れていたりして気持ちの良い沢です。入渓点より1時間程度遡行して終了としました。この先もありますが、まぁこれで良しとします。

さて、帰路。往路を戻りますが、やはり山頂からの下りは行きと違う場所わ降りてしまった。道が無いので感が頼りです。