今年最初の本格的な源流に入ろうと計画した週末はちょっと天気に心配な状態。ならば日帰りで入渓してみようと、少々ハードな源流釣り遡行で計画した。某所の待ち合わせ場所には徹夜で午前4時過ぎ到着。東京組はテントを張って宴会後就寝したが、こちらも睡眠時間は2時間程度。なんだか疲れた体状態で沢に入ります。
某沢を釣りながら遡行する

いきなりは入渓できない某沢である。そこそこ時間と体力を使って沢に降り立った。天気は曇りだが、どうやら雨は降らなそうである。早速釣竿を出して毛鉤をふつりり遡行開始、が、毛鉤にはいっこうに反応が無い。致し方なく餌釣りに変更すると早速まぁまぁの型が釣れた。キープ。そんなかんなで各位キープ分を釣りました。
同じ道を帰るのはいやなので違うルートで下山です。なかかな疲れた源流遡行となりました。下山後は温泉です。そして某所に移動していつもの宴会突入。疲れていたのでお酒をそんなにのまずにグッタリ状態。超寝つきの良い睡眠に突入しました。
写真はありませんが翌日は三人で温泉作りし入浴。こちらも温泉通には良いところでした。

ホーム]に戻る

そこそこ釣れる某沢 源流岩魚釣り


歩行:11時間22分    メンバー:太田、倉橋、塚田
場所:某所の某沢    記録日:2007年7月7日