トップページへ戻る
船上からのシドニー街並み サーキュラキーから対岸のタロンガへ渡る船より。オペラハスが良く見えた。ヨット等も浮かんでいる。
ボンダイビーチ ボンダイビーチ。確かキャプテンクックが上陸した海岸だったと説明があったような。波の向こうに住宅があり、なんだか優雅である。
ボンダイビーチパノラマ ボンダイビーチの全景。ここで例の競技、ライフセービングが行われているらしい。
シドニー遠望 シドニーの町を遠望できるという普通の空き地に連れて行ってくれた。皆、優雅な生活をしている人が多いような地区であった。
公園で 広志君がどこかに勝手に行くところ。結構同世代の金髪ギャルと仲良くなってたりしていた。子供には言葉は関係ない。 勝手にどこかへ行く広志
船上喫茶とハーバーブリッジ 夜、シドニー港を歩いていたら、帆船を利用したレストランがあった。既に営業終了だったが、背景のハーバーブリッジも相まって美しい光の造詣を見せていた。
ハーバーブリッジ夜景
シドニーの街が最初にできたと言うロックからのハーバブリッジ。上の写真もそうだが、家内と広志君をホテルに残してプラブラとシドニー港を付近を散策してみた。昼より夜の方が美しい街の様だ。どこでもそうだが海に面している街は夜景が美しい。



組合の旅行でケアンズとシドニーに行った。長男広志を連れての旅である。もちろん彼にとっては初めての海外旅行だが、現在の彼は覚えていないとのこと。子ずれの旅は、手間がかかって大変だったが、それなりに良い思い出である。きっと広志もいつか感謝してくれるであろう。ケアンズでは月夜であったが、南十字星を写真に納めたり、レンターカーで内陸部にドライブなどした。ケアンズの北の町(名前は何と言ったか忘れた)は、美しいビーチがひろがっていた。その割にはケアンズの様に騒々しい観光客はおらず、静かで実に良い町であった。その後シドニーに移動して以下の様な光景であった。
ケアンズ→グリーン島→内陸部の街→ケアンズ→シドニーでいろいろ→ケアンズ経由で帰国