ホーム]に戻る

浅間山2568m 初雪の浅間山、だっと思う 


■記録日:2013年11月16日(土) ■メンバー:太田(伊)、油井、小幡、塚田
■場所:上信国境 ■時間:5時間10分 
■装備:一応アイゼンだが利用せず

毎年浅間山はスキーで行っているが歩きの浅間山は久しぶりだ。前日に降雪があってこれが初雪では?かな。軽井沢は霧だったが峰の茶屋まで上がると快晴だった。さすが”霧の軽井沢”だ。・・・群馬の方2名が初滑りしていた。
◆26日 峰の茶屋7:50〜浅間山〜峰の茶屋13:00

浅間山山頂に到着、火口から元気よく噴煙が上がっていた
峰の茶屋には雪は無い。が、途中の道路から見えた浅間山は結構白い。そんなに多くはないが私のボロ登山靴では濡れそうである。今日の靴のモンベルアルパインクルーザ2300は、もうアチコチ破れているし、ソール先端部分は剥れている。10年以上使っている様な気がする。そろそろ買い替えだが、なんか最近の登山道具は高すぎるような気がして手が出しにくい。
山頂下の窪地(平坦地)より100m強まだある

峰の茶屋からの登山道に入ると雪が出始めた。小浅間を通り過ぎて樹林帯を越え1800m程度まで登ると雪の道となる。先行は2名いる模様。
ここで上から降りている2名、いや滑っている。こんな雪で・・・と思ったがまぁ滑れないことぱ無い、しかしガリガリとやらざるを得ない。この方達、初滑りで盛り上がったと話されていた。

トラバース道に入りコルへ。そこから約100m強の登りで山頂です。噴煙が時折流れてきます。空は青空で気持ちが良い。
火口

火口底から硫黄分を含んだ噴煙が今日も上がっています。この浅間の火口の景色はいつ来ても最高にダイナミックだと思います。ただ残念なのは本日は北アがクッキリとは見えていなかった。

ところで、私の火山の登頂課題は、なんと言っても桜島ですね。桜島がもう少しだけおとなしくなってくれたらチャレンジせにゃあかんです。

山頂をあとにして南方に火口壁沿いに行き、東前掛山付近より南面と弥陀ヶ城岩を見学、東前掛山の山頂を越して峰の茶屋へと下山しました。

菱野温泉付近よりの浅間山とギッパ
紅葉と新雪ですね。この付近のカラマツの紅葉がすごかった。が、工事中の橋からの深く切れ込んだ谷沿いに立体感のあるカラマツ紅葉・広葉樹の紅葉地帯がありその先にギップを伴った白い浅間山、と言う良いアングルがあったが車を停めれなかった。しかたなく他の場所より移動して、こんな写真撮ってみました。