ホーム]に戻る

阿弥陀岳 2805m 南稜(登り)と中央稜(下り) 


■記録日:2013年9月14日(土) ■場所:八ヶ岳 ■装備:岩登りセット
■メンバー:太田(伊)、岩切、太田(雅)、油井、塚田  

南アの鋸岳の予定でしたが、15日の天気が持たない、と言うこで前日に行き先を阿弥陀岳南稜に変更です。鋸の練習としては良いところです。さて、東京組は前夜に舟山十字路まで入って幕営、私は朝3時に起床し準備して4時過ぎに出発でした。前夜、帰りが遅くなり多少眠い感じでスタートです。

4度目の南稜です。近場でサクっと行けて良いところですし、展望も良いし。

◆行程 舟山十字路〜旭小屋〜立場山〜南稜〜阿弥陀岳〜中央稜〜舟山十字路 で8時間程度

P1付近から南稜核心部を見る
いよいよ核心部が近づきます。私以外は初めての南稜なので一応、ハーネスをつけてメットも被ってです。P3のワイヤーは相変わらず伸びてました。



山頂直下のガレた斜面を登ります。




南稜はP3のルンゼの登り、P4(?)の基部の側壁トラバースとそれに続くこのガレっぽい登りが核心部でしょうか・・・。
意外とアッサリと山頂に立てて良いルートです。



帰路は中央稜ので。例によってヌリスギダケモモドキを収穫にして晩御飯の食材となりました。