野湯開拓ばかりで山行らしい山行をしないといけんなぁ、と思い、さぁどこにするかと悩んで行き着いた先が雨飾山、今日は晴れと予報で言っているので山頂から北アが綺麗だろうなぁと期待をふくらませて登山口にやってきました。途中からひどい道でしたがさすがジムニーです。楽勝。
雨飾山は2000m弱の山なので今が紅葉真っ盛りかなぁ、との推測も手伝ってここにしたわけでした。が、登山口はまだ雲の中です。なんとなくさえない空模様ですが出発です。
◇大網登山口7:04〜西尾根1673地点8:40/55〜雨飾山9:32/55〜大網登山口11:34 その後某野湯へGo。
黄色のトンネル

大網登山口には先行者の車デリカ1台。今日の山行はこの方たちと私だけだろう。最初は幾分下り気味、沢を渡ってから初めて登りらしい登りとなる。沢の付近の紅葉はまだ、徐々に登りブナ林となると紅葉らしく回りが色づいている。黄色の紅葉が多い。キノコもチラホラと出ているので下山時に採ろうと場所を記憶して行きながら登ってゆきます。
西尾根の紅葉

西尾根に登り上がると山頂が尖がった雨飾山がちょうどガスが切れて見えていた。天気は晴れ、と言うことなのでそのうちガスは上がるだろう、とパンをかじりながら待つもののガスがかかるばかりで一向に晴れない。仕方なく山頂を目指す、山頂に着くころには晴れ上がるだろうと期待して。
向こうの斜面の紅葉

西尾根から北側の斜面の紅葉が綺麗でした。直ぐ下にはナナカマドの赤い実がたわわに付いています。とうとう今年は北ア高峰の紅葉は拝めませんでした。来年は涸沢なんかに行きたいなぁ。
今年は夏からそう思っているのですがね土日は天気が悪かった気がします。まぁこんな年もあるか・・・。
雨飾山頂とナナマカドの実

一瞬ガスが流れて山頂が見えました。山頂には大勢のおばさんとおじさんの軍団がいました。人の話では300人登ったみたいです。西尾根で登ってよかったです。西尾根は静かで良いです。例の1組を途中で抜いてから山頂まで合ったのは子鳥さんだけです。

山頂にいても一向に晴れないのであきらめて下山です。途中から雨も降ってきて、やはり雨飾山とは相性が合わず今回も展望の山とはなりませんでした。さぁあの野湯に行って汗流そう!
いつもの某プール温泉で汗を落とす

これは何度も楽しんでいる某所のプール温泉(野湯)です。今回は源泉部分も良く観察、源泉はあちらこちらから噴出しており熱湯の流れとなりこのプールに貯まります。流れ込み部分は熱すぎて入れません。端の方は少し温いので適当な所に入ります。しかし、ここはいつ来ても最高だが危なっかしいなぁ、といつもの通り。まわりはあきの気配で風情ありました。
と、なんと 野湯 新規発見

プール温泉を堪能した後は野湯でも新規開拓するか、と某所を考えていたら・・・発見。なんとまぁこんな素晴らしい所にあるじゃん。湯加減は最高、深さも最高。この湯貯まりの底から時折プクプクと熱湯が気体でと共に出ている。この大岩の向こう側もブクブク出ているので一応入ってみました。そちらは**のため温いです。いゃぁ〜また新規開拓してしまった。
ところでもう一箇所確実に野湯となっている場所も発見、がここはちょっと難易度が高い、工事は不要と思われるが・・・。

ホーム山行記録⇒2003年2002年2001年2000年以前源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

 新規発見


歩行:4時間30分    メンバー:単独
場所:信越国境     記録日:2005年10月16日