2002-10-3 剣の大展望台 赤谷山
 今日は平日であるが、上期も終わり下期がスタートしたばかりで、今なら休めそうなので、えいっと休んで赤谷山に出かけた。前夜はいつもの長野新幹線終電だったので、風呂に入ってそのまま出かけた。眠いったらどうしようもない状態で馬場島に到着。まだ暗かったので明るくなまで待って歩き出した。ルートは以前山渓で読んだ時の記憶でここからからっと山勘で来たが果たしてそうであった。素晴らしい展望の山行となった。なお、標高差1400m弱もあって結構足に来る。
   GW雪の赤谷山はこちら
1時45分自宅発〜5時10分/45分馬場島奥の駐車スペース〜6時37分右岸より左岸へ〜7時21分ブナクラ峠〜8時45分/9時40分赤谷山頂〜10時34分ブナクラ峠〜12時6分馬場島奥の駐車スペース〜16時自宅着
山頂からの展望は飽きない。
ブナクラ峠へは、先ず右岸より取水口の堰堤をハシゴで越える。ひたすら右岸沿いに行くと何本も左手より小沢が入る。ブナクラ峠はブナクラ谷の左手側のコルであり、沢沿いから斜面の急登となり、最後は岩のゴロゴロした頃を過ぎると峠に着く。峠からは後立山の山々が良く見える。小黒部谷方面への踏み跡もある。ここからは赤谷山へはブナクラ谷際に大体道が付けられている。結構絶壁の際を通っている。ハイマツが出始めたらもう少しで山頂となる。気持ちの良い草の道を進むと、剣の大展望が一気に広がる。結構感動ものの景色である。花崗岩が散りばめられた庭という感じである。その白い岩の間に、チングルマとナナカマドが真っ赤に染まり、また黄色に染まった木々もあって実に美しい風景でした。白萩山方面には踏み跡が続いている様でした。
ナナカマドの紅葉と 赤谷山のほんとうの山頂から。草地の中にあるお地蔵様の所から木々の中を少し行くと山頂になる。ちょうどナナカマドが紅葉真っ盛りであった。
チングルマの綿毛と紅葉。チングルマは草みたいだがほんとうは木だそうです。夏、白い花を咲かせいてる時にも見にきたい風景ですね。 チングルマの紅葉と
ブナクラ峠からは急登そう。 猫又山。ちょうど赤谷山とブナクラ峠の反対側の関係である。赤谷山より標高は高く2350m程度。その向こうには毛勝三山へと続いて行く。次回は猫又山と大猫山の組み合わせで来ようと思っている。池塘が少しだけある。
紅葉を背景にした後立山連峰、この間に黒部川を流れている。小黒部へは下降できそうだったので、一度岩魚釣り兼ねていきたいなぁ。 鹿島と五竜
熊のうんち? みたいのがあった。 ブナクラ谷の全景。峠まで標高差800m弱。しんどい。
後立山連峰

ホーム山行記録⇒2003年2002年2001年2000年以前源流釣][温泉山行][花の山行][低山巡り][地域別][百名山
テレマークの分類→【北アルプス信越国境上信国境上越国境尾瀬周辺北信五岳周辺八ヶ岳周辺東海北陸・中央/南アルプス東北

赤谷山 2265m